こころのふるさと・京都の魅力と歳時記
京都の「和」と「癒し」を感じられる話題を取り上げます。旬の先取り情報やおとくな情報や小ネタのブログです。

 このブログで、京都の魅力や旬の行事、日々の京都の様子をお伝えしています。

     一周年を向かえデザインをリニュアルしました
    ☆ 下のボタンを押せば「お気に入り」に登録できます ☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「都をどり」と「京おどり」
今年も「都をどり」と「京おどり」の季節が近づいてきました。
もう予約が始まっています。土曜、日曜、祝日は満席になることが多いですから、早い目からの予約をお勧めします。踊りに詳しい人は別として、私にはどちらも甲乙つけがたい感じがします。
それぞれ予約方法が違いますので、下記を参考にして下さい。

この時期、近くにさくらの綺麗なところが多くありますので同時に楽しまれたらどうでしょうか?
おすすめは、円山公園のしだれ桜と四条通木屋町南側の高瀬川にかかる桜並木です。


第137回 都をどり 4月1日~30日
祇園甲部の芸妓さんと舞妓さんによる舞踊公演です。「ヨーイヤサー」の掛け声で始まるこの舞踊は、明治5年に東京遷都により京都の没落を恐れた京都の町衆が「なにか京都の活性化を」と官民一体となり京都万博を開催し、その中の特別企画として演じられたのが始まりです。艶やかな京舞の井上流を総踊形式で堪能できます。
演目: 全八景の「水映桜花絵巻」
場所: 祇園甲部歌舞練場(ぎおんこうぶかぶれんじょう)
住所: 東山区祇園町(四条通花見小路南側)
電話: 075-541-3391(受付時間:午前10時~午後5時)
      *電話で予約できます。
都をどりのホームページ: 
http://www.miyako-odori.jp/miyakoodori/index.html
祇園東部歌舞練場


第60回 京おどり 4月4日~19日
昭和25年の初演から始まった、宮川町歌舞会の芸妓と舞妓による舞踊公演です。京都の名所名物を舞踊化した優美な踊りは若柳流の振付けで、フィナーレは華やかな宮川音頭です。
演目: 全七景の「都風流輝耀花苑」
場所: 宮川町歌舞練場
住所: 東山区祇園四条川端下ル
  *全国の旅行代理店から予約します。電話での予約はできないそうです。
京おどりのホームページ: 
http://www.eonet.ne.jp/~miyagawacho/event4.html
宮川町歌舞練場


テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 こころのふるさと・京都の魅力と歳時記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。