こころのふるさと・京都の魅力と歳時記
京都の「和」と「癒し」を感じられる話題を取り上げます。旬の先取り情報やおとくな情報や小ネタのブログです。

 このブログで、京都の魅力や旬の行事、日々の京都の様子をお伝えしています。

     一周年を向かえデザインをリニュアルしました
    ☆ 下のボタンを押せば「お気に入り」に登録できます ☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都の花街
京都の花街についてご紹介します。
現在、「祇園東」「祇園甲部」「宮川町」「先斗町」「上七軒」の五つの花街があります。以前は下京区に「島原」という花街があったのですが茶屋営業がなくなったので、五花街と言われています。

それぞれに踊りの流派が違い紋章も違います。
踊りの流派は、
祇園甲部(都をどり)が、井上流、
宮川町(京おどり)が、若柳流、
上七軒(北野をどり)が、花柳流、
先斗町(鴨川をどり)が、尾上流、
祇園東(祇園をどり)が、藤間流、
です。

「踊り」の公演時期は、
「祇園甲部(都をどり)」と「宮川町(京おどり)」と「上七軒(北野をどり)」が4月、
「先斗町(鴨川をどり)」が5月、
「祇園東(祇園をどり)」が11月、
と違います。

比較すると独自色が強く花街のプライドを感じます。
 


テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 こころのふるさと・京都の魅力と歳時記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。