こころのふるさと・京都の魅力と歳時記
京都の「和」と「癒し」を感じられる話題を取り上げます。旬の先取り情報やおとくな情報や小ネタのブログです。

 このブログで、京都の魅力や旬の行事、日々の京都の様子をお伝えしています。

     一周年を向かえデザインをリニュアルしました
    ☆ 下のボタンを押せば「お気に入り」に登録できます ☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今宮神社:ご利益
今宮神社は、平安時代以前から疫病の神として信仰され、都の疫病鎮護の紫野御霊会も行われていた神社です。ご利益は、疫病鎮め、縁結び、家内安全、開運隆昌、健康長寿、です。

この神社には、ユニークなものがあり参拝者を楽しませてくれます。
(玉の輿のご利益)
 西陣の八百屋の娘・お玉が、徳川綱吉公の生母(桂昌院)となったことから、玉の輿のご利益を祈願する御守があり人気です。

(阿呆賢さん・あほかしこさん)
 手のひらで軽く三度叩くと石が怒り重くなって持ち上がらず、願いを込めて三度なでて持ち上げて軽くなれば願いが叶うといわれる不思議な神占石です。

(東門のあぶり餅)
 東門から参道には、名物の「あぶり餅」を売る店が2軒向かい合っていて、どちらも元祖を主張していながら共存しています。

(やすらい祭): 毎年4月の第2日曜日
疫神を鎮める祭で「やすらい花」ともいいます。サクラの散る頃になると疫病が流行したので疫病退散を願って始まった。
花傘を中心に鬼達が踊ります。花傘の下に入ると厄除けになると伝えられています。京の三奇祭のひとつです。

住所: 北区紫野今宮町21  (大徳寺の北側)
電話: 075-491-0082 
今宮神社 今宮神社・阿呆賢石 今宮神社・あぶり餅


テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 こころのふるさと・京都の魅力と歳時記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。