こころのふるさと・京都の魅力と歳時記
京都の「和」と「癒し」を感じられる話題を取り上げます。旬の先取り情報やおとくな情報や小ネタのブログです。

 このブログで、京都の魅力や旬の行事、日々の京都の様子をお伝えしています。

     一周年を向かえデザインをリニュアルしました
    ☆ 下のボタンを押せば「お気に入り」に登録できます ☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大覚寺(日本最古の庭池)
大覚寺は、真言宗大覚寺派の大本山です。本尊は不動明王を中心とする五大明王です。
華道嵯峨御流の総司所としても有名です。

基は嵯峨天皇の離宮として始まり、後宇多法皇が院政を行うなど皇室ゆかりの門跡寺院でもあります。別名・嵯峨御所と呼ばれています。境内には数多くの名宝や文化財が保存されています。

東側の大沢池は林泉式庭園で日本最古の庭池とされています。嵯峨天皇が造営にあたり中国の洞庭湖を模して造ったと伝えられています。この大沢池の、ニ島一石の配置は華道嵯峨御流の基本形に通じており、嵯峨天皇の自然や草木に対する慈しみの心が嵯峨御流の源になっています。
が嵯峨院(離宮)の名残りです。

中秋の名月の日には、「観月の夕べ」が行われ、池に竜頭船などを浮かべ王朝貴族の船遊びが再現されます。

☆写経(般若心経)道場が有名
嵯峨天皇の頃疫病が流行し、空海に相談したところ写経をするように勧められ自ら行ったところ、疫病はすぐに鎮まったという伝説に由来し、以後盛んに行われています。

拝観時間: 9:00 - 16:30
住所: 右京区嵯峨大沢町4
電話番号: 075-871-0071
大覚寺のホームページ:
http://www.daikakuji.or.jp/
大覚寺  大覚寺・門

<プチ情報>
春には桜、初夏には蛍、秋には月見、菊、紅葉、と四季の自然が楽しめる場所です。また大沢池では映画やドラマの撮影がよく行われていて、運がよければ有名な俳優に出会うこともあります。
<小ネタ>
「門跡寺院」とは、皇族や貴族が住職についた寺院のことを言います。



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 こころのふるさと・京都の魅力と歳時記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。