FC2ブログ
こころのふるさと・京都の魅力と歳時記
京都の「和」と「癒し」を感じられる話題を取り上げます。旬の先取り情報やおとくな情報や小ネタのブログです。

 このブログで、京都の魅力や旬の行事、日々の京都の様子をお伝えしています。

     一周年を向かえデザインをリニュアルしました
    ☆ 下のボタンを押せば「お気に入り」に登録できます ☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東林院・「沙羅の花を愛でる会」 (6月12日~30日)
妙心寺塔頭東林院・沙羅双樹の花を観賞

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・・」
『平家物語』にうたわれた沙羅双樹の花の庭園です。妙心寺・東林院の本堂前庭には十数本植えられています。この木が植えられている寺は少なく一般に見ることが難しい花です。
椿に似た五弁の白い花をつけます。花は雨上がりか雨降りの日の朝咲くと夕方には散るということから「一日花」ともいわれます。青苔の上に白い花が散り敷く様は何とも言えない風情があります。
6月12日から6月30日まで「沙羅の花を愛でる会」で特別公開され、お抹茶と精進料理が賞味できます。ふだんは非公開です。20日には夜の特別公開“沙羅の夕べ”も予定されています。

場所: 京都市右京区花園妙心寺町59 妙心寺・東林院
期間:  6/12(金)~/30(火) 「沙羅の花を愛でる会」 
     6/20(土)「沙羅の夕べ」
時間: 9時半~16時
料金: 1580円(抹茶付き拝観券)、5570円(精進料理と抹茶付き) *30名以上は要予約。
     「沙羅の夕べ」:12000円(抹茶と特別精進料理付き。要予約) *30名以上は要予約。
アクセス: JR嵯峨野線「花園」駅  徒歩10分
お問合せ: 075-463-1334
妙心寺のホームページ: 
http://www.myoshinji.or.jp/

<プチ情報>
京都で沙羅双樹が見れるところは、
法金剛院: 右京区花園扇野町49 (6月中頃~)
鹿王院: 右京区嵯峨北堀町 (6月後半~)
真如堂: 左京区浄土寺真如町 (6月中頃~)
城南宮: 伏見区中島鳥羽離宮町 (6月中頃~)
宝泉院: 左京区大原勝林院町 (6月下旬~)

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 こころのふるさと・京都の魅力と歳時記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。