FC2ブログ
こころのふるさと・京都の魅力と歳時記
京都の「和」と「癒し」を感じられる話題を取り上げます。旬の先取り情報やおとくな情報や小ネタのブログです。

 このブログで、京都の魅力や旬の行事、日々の京都の様子をお伝えしています。

     一周年を向かえデザインをリニュアルしました
    ☆ 下のボタンを押せば「お気に入り」に登録できます ☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
還幸祭: 7月24日
祗園祭の還幸祭は、1週間、四条御旅所で滞在された八坂神社の3人の祭神が、神輿に乗り、八坂神社に還える祭事です。
午後5時頃に四条の御旅所を3基の神輿が出発します。別々に氏子町内を渡旅し、三条堀川の御供社に至り、祭典が行われます。その後、午後9時から11時頃に八坂神社に着きます。
途中、祗園会の発祥の地である神泉苑跡の「御供社」では、神輿に灯をともし、久世稚児の参拝などの祭事が行われました。
昼間の花傘巡行とは違い、男性ばかりの勇壮で迫力のある巡行です。

(3基の神輿について)
<中御座> 祭神:素戔嗚尊(すさのおのみこと)
<東御座> 祭神:櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと) 素戔嗚尊の妻
<西御座> 祭神:八柱神子神(やはしらのみこがみ) 素戔嗚尊と櫛稲田姫命の子
還幸祭 還幸祭 還幸祭


スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

花傘巡行: 7月24日
祗園祭の山鉾巡行は、17日の「先の祭」、24日の「後の祭」と二つに分けられていたのを、昭和41年に統合し17日に一度に巡行するようになりました。
これにより24日の巡行がなくなってしまいました。そこで、山鉾の古い形態を再現する目的で始められたのが、この花傘巡行です。新しい行事ですので、神事や祭事の色合いが薄く、女性や子供中心の、芸能的な色合いが濃く感じられます。

6基の花傘をはじめ、地元の子供神輿や、花街の芸舞妓が乗る車(今年は祇園東部と先斗町)が華を添え、祇園太鼓や、久世六斎念仏と祇園山鉾のお囃子(今年は岩戸山が担当)が賑やかさを演出しています。今年は天気にも恵まれ順調に進行していました。
ルートは、八坂神社石段下→四条河原町→市役所前→寺町通→御旅所→八坂神社、の順にまわり、午前中で巡行を終えます。
花傘巡行 花傘巡行 花傘巡行





テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

山鉾巡行の様子: 後祭
2009年7月17日祗園祭の後祭の山巡行の様子を載せます。
後祭の巡行とは、むかし別の日にコースも違って、行われていたのでそのように名付けられました。
戦後、同日同コースで行われるようになりました。

北観音山:
北観音山 北観音山
橋弁慶山: 弁慶と牛若丸の戦いを現しています。
橋弁慶山 橋弁慶山
黒主山:
黒主山 黒主山
鈴鹿山:
鈴鹿山 鈴鹿山
八幡山:
八幡山 八幡山
役行者山:
役行者山 役行者山
鯉山: 見送などは重要文化財。
鯉山 鯉山
浄妙山:
浄妙山 浄妙山
南観音山:
南観音山 南観音山

これで、全ての山や鉾の巡行は終わります。
巡行中に悪い気をご神体に集めると言われており、その気を封じ込めるために、巡行後はすぐに山や鉾は解体されます。鉾建ての時とは違い、その手際のよさは驚くほど速い作業です。

<小ネタ>
鉾のようにお囃子がついた曳山が3基あります。
この3基ができた当時は鉾の数が決められていて、新しく造ることができなかったそうです。そこで財力のあったこの3町では、鉾頭を木にすることで名前は山としたものの、鉾と同じものをつくってしまったものが、現在に受け継がれてきました。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

山鉾巡行の様子: その3
2009年7月17日祗園祭の山鉾巡行の順番に、その様子を載せます。(16番~23番)
 
伯牙山:
伯牙山 伯牙山
鶏鉾: 見送は重要文化財。
鶏鉾 鶏鉾
木賊山:
木賊山 木賊山
保昌山: 縁結びにご利益。
保昌山 保昌山
山伏山:
山伏山 山伏山
放下鉾:
放下鉾 放下鉾
岩戸山: お囃子のある曳山。
岩戸山 岩戸山
船鉾: 安産にご利益。
船鉾 船鉾

これで前祭の巡行が終わります。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

山鉾巡行の様子: その2
2009年7月17日祗園祭の山鉾巡行の順番に、その様子を載せます。(8番~15番)
 
郭巨山: 小判のついた粽が有名
郭巨山 郭巨山
月鉾: 一番大きな鉾です
月鉾 月鉾
蟷螂山: 動くかまきりが人気です
蟷螂山 蟷螂山
油天神山:
油天神山 油天神山
占出山: 安産にご利益
占出山 占出山
菊水鉾:
菊水鉾 菊水鉾
太子山: 聖徳太子を祀ります。学問にご利益。
太子山 太子山
綾傘鉾: プロの棒振りが有名。
綾傘鉾 綾傘鉾 綾傘鉾(棒振り囃子)



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

山鉾巡行の様子: その1
2009年7月17日祗園祭の山鉾巡行の順番に、その様子を載せます。(1番~7番)
 
長刀鉾: 唯一人間のお稚児さんが乗ります
長刀鉾(稚児乗込) 長刀鉾 長刀鉾
芦刈山: ご神体の衣装は重要文化財です
芦刈山 芦刈山
白楽天山:
白楽天山 白楽天山
霰天神山: 火除けのご利益
霰天神山 霰天神山
函谷鉾:
函谷鉾 函谷鉾
孟宗山:
孟宗山 孟宗山
四条傘鉾: 子供の棒振りが有名
四条傘鉾 四条傘鉾



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

宵山の見どころ: おみくじ
おみくじ:

2年前に蟷螂山(とうろうやま)から始まった、おみくじが広がりをみせています。
蟷螂山では、かまきりのからくりが、おみくじの番号が書かれた玉を持ってきてくれるという演出が受け、非常に人気があり順番待ちの列ができています。
蟷螂山・おみくじ

その他にも、郭巨山(かっきょやま)や山伏山でも、おみくじをひくことができます。
神社でもない場所で、おみくじをひくのは変な気もしますが、若い人中心に抵抗感なく賑わっていました。
また各々の山鉾で販売されているグッズの種類が、非常に多くなってたように思います。見て歩くだけでも楽しめるようになってきました。


テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

宵山の見どころ: 南観音山と岩戸山
南観音山:「あばれ観音」 深夜の騒々しい儀式

 宵山(16日)の午後11時過ぎ、南観音山だけで行われる行事を「あばれ観音」と言います。
囃子方がご神体の楊柳観音をしばりつけた台座をかつぎ、町内を3周しながら町の両端で激しく揺らすという不思議な儀式です。
深夜まで続きます。
諸説いわれがあるそうですが、正しい説やいつ始まったのかもよくわかっていないそうです。
深夜にも関わらず、毎年見物者は多くいらっしゃいます。


岩戸山:「日和神楽」 
宵山(16日)の午後10時頃から行われます。 
車付き屋台に鉦(かね)と太鼓を載せ、お囃子を演奏しながら、翌日の巡行の安全を祈願のため八坂神社の御旅所(四条寺町)まで、歩いてお囃子の奉納に行きます。



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

祗園祭・ 山鉾巡行: 見どころ
7月17日午前は、祗園祭一番の山場である、山鉾巡行が行われます
この巡行には昨年で20万人程の人出があります。毎年、朝早くから場所取りをする観光客を多くみかけます。初めての方が集中する場があり、ポイントをおさえないと非常に疲れる観覧になると思います。
私なりにポイントの場所を地図にしてみました。

一番の人気は、お稚児さんがしめ縄切りを行う、四条麩屋町(しじょうふやちょう)の交差点です。
切られた縄を持ち帰ると御守になるという伝えられていて、毎年その時を待って取り合いになっています。
くじ改めの儀式は、各山鉾で形が違い、見ているだけで楽しめます。
ここの有料観覧席は殆どが関係者で占められていて、一般に販売されることは殆どありません。

次の人気は、四条河原町の交差点です。ここがメインの”辻まわし”になります。大きな鉾が何回で回りきるか、にプライドをかけています。この交差点には早朝から場所取りが始まります。巡行直前だとはっきり見ることは難しい場所です。

反面、河原町御池の交差点の辻まわし地点や、一般の有料観覧席辺りはゆっくりと見ることができます。写真を撮ったりするのにはこちらがおすすめです

昔は、大きな鉾が最後の新町通を通る姿を見るのがオススメだったのですが、非常に狭いため危険が多いので、警察の監視が厳しく十分に見ることが難しくなりました。少し残念な気がします。
巡行が全て終了するのは、いつも14時頃になっています。
山鉾巡行図 辻まわし



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

祗園祭: 粽のご利益
祗園祭の粽(ちまき)は、一般的に厄除けと無病息災の祈願のためのものです。14日から16日に各山鉾町で購入できます。
32基の山鉾の中には、その言われの意味が大きく別のご利益を受けることができるものがあります。
その一部をご紹介します。
護符や御守はさらに多くの種類があり、各山鉾の特徴が出ています。現地で実際に見てみるだけでも楽しめます。

郭巨山:(金運開運)小判がついている。
 郭巨が黄金の釜を掘り当て母に孝行したという故事よりのご利益です。
鯉山:(出世運)
 龍門の滝を登り龍になった鯉の勇姿の故事より 出世、事業成功、良縁のご利益です。
保昌山:(縁結び)
 和泉式部に恋をした平井保昌が恋が成就したことからのご利益です。
占出山:(安産)
 占出山の巡行が早い年のお産は軽いと言われています。(今年は中程の順番です)
菊水鉾:(不老長寿)
 町内にあった菊水井戸にちなみこのご利益です。
役行者山:(疫病よけ、安産、交通安全)
浄妙山:(勝ち守り)
霰天神山:(火よけや雷よけなど)
黒主山:(悪事除け、泥棒除け) 桜の造花がついている。
山伏山:(火よけや雷よけ)
岩戸山:(開運)
芦刈山:(夫婦和合、縁結び)
白楽天山:(学問成就)
鈴鹿山:(雷除け、安産)
(変り種)蟷螂山:かまきりが付いている(西洞院通四条上ル)
ご利益粽の場所

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

祗園祭: 山鉾巡行以降
祗園祭は、7月17日に一番の山場である山鉾巡行が行われます。
それ以降も月末まで多くの行事が行われます。
今回は 山鉾巡行以降の行事 をご紹介します。
見学のオススメは印で示します。

17日:9:00~ 山鉾巡行 
    四条烏丸 →くじ改め → 河原町通 → 御池通
   16:00~22:00 神幸祭(八坂神社→四条御旅所)
    八坂神社の三基の神輿が氏子区内を御旅所まで巡行します。「おみこっさん」と呼ばれています。
20日:15:00~ 宣状(八坂神社)
    24日の花傘巡行に参加する馬長(めちょう)・児武者が参社し神事役の「宣状」を授かります。
23日:9:00 煎茶献茶祭(八坂神社)
    在洛の煎茶道家元の輪番奉仕により行われます。(今年は裏千家の順番です)
   15:00 琵琶奉納(八坂神社能舞台)
24日:10:00~ 花傘巡行(八坂神社→市役所) 
    古い鉾の形態を再現するために始められました。10基あまりの花傘に、獅子舞・鷺舞・馬長・児武者など、子供や女性が中心の総勢1000名の行列です。
   17:00頃~  還幸祭(四条御旅所→八坂神社) 
    神輿三基が四条の御旅所を出発し、氏子区内を巡り10:00頃八坂神社に着きます。
25日:13:00~ 狂言奉納(八坂神社能舞台)
    茂山忠三郎社中により行われます。
28日:朝  (仲源寺)神輿洗いに用いる水を鴨川より汲み上げ清めるます。
    20:00~ 神輿洗(四条大橋)神輿を清めた後、格納されます。
29日16:00 神事済報告祭(八坂神社)祇園祭が無事終了したことを神前に報告します。
31日10:00~ 役神社夏越祭(役神社前)大茅輪が設けられ厄祓い、無病息災を祈願します。

以上で一ヶ月に渡る長い祗園祭が終了します。

京都市観光協会の祗園祭のホームページ:  
http://www.kyokanko.or.jp/3dai/gion.html
花傘巡行 花傘巡行


テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

宵山の人混み
宵山の人混みを避けるコツ

14日~16日の宵山の期間中、山鉾町周辺一帯が、18時から22時まで歩行者天国になります
人出はその数なんと、一晩で40万人以上が訪れる盛大な行事です。多くの露店が出て、若者や子供連れ中心に大変な賑わいになります。
見ていると、多くの人が人の流れに釣られて、混雑する方向に流れていくように思います。
京都の通りは広い通りもありますが、街なかでも狭い通りが多いものです。一旦混雑通りに立ち入ると、なかなか抜け出せないのも現実です。暫くは辛抱するしかないですね。

このような状況ですので、地元の者としては何とか避ける方法を考えてしまいます。
私の経験から混雑する通りを上げてみました。毎年例外なく混雑してると思います。
赤のラインが混雑区間です。できるだけこの区間の利用を避けます、地元人のコツですね。

混雑の通りは、なんとなく散策するつもりなら入らないほうが良いですし、お目当ての山鉾に行くのなら、遠回りをしてでも混雑の道は避けるようにします。ただ四条通は混雑しますが、人の流れはありますので避けるほどのことは無いと思っています。
宵山・人混み 宵々山 祗園祭(宵山)



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

宵山の見どころ: 屏風祭
祇園祭・14~16日の見どころ: 屏風祭

宵山の期間中、山鉾町の旧家では、秘蔵の屏風・鎧・小袖や書画を飾り、表の格子を外して、道行く人や親しい客に見せるならわしがあります。飾る家蔵のものに屏風が多いため、この風習が屏風祭りと呼ばれています。明治以降盛んになったそうです。
これを楽しみにされている方も多いようで、カメラを持った方が多く観覧されているのを見かけます。
近年公開されていた旧家とお店を列記します。縦の通り沿いに歩いていけば、効率良く見て回ることができると思います。祭を支えてきた町衆の力を感じます。

<烏丸通り付近>
・荒木装束店(三条上ル)
・十松屋(三条上ル)
・松村家(六角西入ル)※事前に申込みが必要
・木村家(六角西入ル)
・伴市(六角西入ル)
・啓明商事(仏光寺通西入ル)

<室町通り付近>
・小松屋(三条上ル)
・山本仁商会(通蛸薬師上ル)
・市原亀之助商店(高辻上ル)

<新町通り付近>
・岸本絞り工芸(三条通西入ル)
・大日家(三条下ル)
・紫織庵(六角上ル)※有料
・六角館(六角下ル)
・吉田家(六角下ル)
・野田家(六角下ル)
・藤井絞(蛸薬師上ル)
・松坂屋(六角下ル)
・古川家(錦小路東入ル)
・安田多七(錦小路上ル)
・杉本家(綾小路通西入ル)※有料
・綾傘鉾後援会(綾小路東入ル)
・袋屋(綾小路下ル)
・京染呉服卸おくむら(仏光寺通西入ル)

<西洞院通り付近>
・平岡旗製造(四条通東入ル)
・やまいち本店(四条下ル)
・横山商店(綾小路下ル)
・青木家(綾小路西入ル)
・森井家(仏光寺東入ル)



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

宵山の見どころ: 棒振り囃子
祇園祭・14~16日の見どころ: 棒振り囃子

宵山期間の見どころは沢山あると思いますが、その中でも特に二つの傘鉾の棒振り囃子の公演見物はオススメです。

四条傘鉾の棒振り踊りは、1988年に復活した踊りです。地元小学生が8人一組になって踊りを演出します。(棒振り、鉦(かね)、太鼓、ササラの各2人)その可愛らしい衣装と踊る姿に、観光客は思わず足を止め見入っています。中には踊り子と一緒に写真を撮る人もいらっしゃいます。
一方綾傘鉾は、壬生六斎念仏という伝統芸能の人が担当されていて、大人の熟練された踊りです。
3人の踊り手がお囃子に合わせて優雅に舞う姿は芸術です。
どちらも、山鉾巡行では何度も見ることができますが、間近に見れるのは宵山の期間がオススメです。

四条傘鉾は、15,16日の19時頃から断続的に行われます。
四条傘鉾
綾傘鉾は、14~16日の三日間行われます。
  *時間は、14,15日:19時より1時間毎、16日:18時半から1時間毎、詳細は現地でご確認下さい。
綾傘鉾(棒振り)

両傘鉾だけにある祗園囃子は何度見ても飽きることがありません。



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

祇園祭でスタンプラリー
祇園祭でスタンプラリー: 14日~16日

多くの人出で賑わう14日~16日の宵山ですが、最近好評なのが朱印帳で行うスタンプラリーです。
宵山で購入するものと言ったら厄除け粽(ちまき)が定番ですが、幾つも購入するのは大変です。そこで朱印帳が考案され、各山鉾を回って朱印を集めるという形になったそうです。スタンプは各々の山鉾のデザインがされていて、その特徴がよく分かるようになっています。
朱印帳は、市販書籍として購入できるものか連合会が山鉾町で販売する朱印帳を使います。楽しんで全てを隈なく回れるということと、記念になるということで人気が高まってきているようです。山鉾保存会の方の話によると一晩で数百人が訪れるとのことです。
新しい宵山の楽しみ方だと思います。(人込みの中を一晩で全部を回ることは時間的に大変なことだと思いますが。)今年もチャレンジされる方が増えるのではないでしょうか。
祗園祭・朱印帳

(参考)
朱印を押印する時に多くの所で、「志」や明確な料金が必要です。朱印帳は1,000円ですので、全部回ると合計は結構な金額になると思いますので、事前の覚悟が必要です。(写真の市販のものは1,200円でした)



粽(ちまき)と護符
粽はむかし、巡行の時に山鉾からまかれていましたが、現在は16日までに購入するものになっています。粽や護符は、各山鉾でそのご利益のものを買い求めることが出来ますので、事前に確認して、授かりたいものを購入するのが良いと思います。




テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 こころのふるさと・京都の魅力と歳時記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。