FC2ブログ
こころのふるさと・京都の魅力と歳時記
京都の「和」と「癒し」を感じられる話題を取り上げます。旬の先取り情報やおとくな情報や小ネタのブログです。

 このブログで、京都の魅力や旬の行事、日々の京都の様子をお伝えしています。

     一周年を向かえデザインをリニュアルしました
    ☆ 下のボタンを押せば「お気に入り」に登録できます ☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都一周トレイル
ちょっと違った京都の楽しみ方

京都一周トレイルとは、京都の三方の山を、ぐるっーと一周する全長73.8kmのハイキングコースのことです。
京都市をはじめ多くの団体が参加し、「京都一周トレイル会」が形成され、コースの整備と道標の設置をおこなってきました。専門家のアドバイスをもとに、道のりを区切って設定し、体力に合わせたコースを選択できます。途中、世界文化遺産などの多くの文化財や名所旧跡があり、ハイキングだけでない楽しみがあります。所々ある展望スポットからは京都の町並みを見て取ることができます。
現在、 「東山」「北山東部」「北山西部」「西山」、の4種類のガイドブックが用意されており、自分にあったコースを事前にチェックすることができます。初心者には伏見稲荷から蹴上へのコースが良さそうです。
株式会社B.B.A. という旅行会社がツアーも開催していますので、大勢で賑やかなハイキングを検討することもできます。

京都府山岳連盟の京都トレイルのホームページ: 
http://www4.plala.or.jp/kyoto-gakuren/trail-aruku-tizu-itiran.html
トレイル・道標



スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

清水寺と金閣寺の移動
直接移動が不便な人気名所間

京都の観光地で人気の高い場所に、金閣寺、金閣寺、嵐山があります。移動交通機関を考えると、嵐山-金閣寺、嵐山-清水寺は鉄道移動距離があり、しかも途中に観光地がありますので効率の良い観光ができます。
ところが、清水寺-金閣寺間を直接移動しようとすると効果的な鉄道がありませんし、走行距離で約10kmと結構はなれていますのでバスの乗り継ぎ移動は時間がかかり過ぎます。しかもどちらへも京都駅から時間がかかるという立地条件の悪さも考慮する必要があります。神社仏閣巡りでこの二ケ所を組み込むと回れる場所が極端に減少される覚悟が必要です。かと言って、自家用車で乗り込むとオンシーズンや週末なら駐車場待ちでどうにもできないことが多いです。まったく不便な位置関係です。この二ケ所を入れて効率よく回るには二日かける必要があります。

京都観光研究所の名所地図:
http://www.kyotokk.com/modules/supoort0/



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

哲学の道はウォーキングコース
全長2km以上ある哲学の道 

桜や紅葉の時期に観光客の多いのが哲学の道です。
銀閣寺から若王子橋まで続く疏水沿いのこの小道は約2kmの距離があります。
明治時代に、京都大学教授の哲学者・西田幾多郎先生が自宅からこの道を散策しながら思想にふけっていたことから「思索の小径」と呼ばれていたものが、変化して「哲学の道」になったそうです。「日本の道百選」にも選ばれています。
実際この道を歩くと結構長いことに驚きます。途中、法然院、安楽寺、霊鑑寺門跡、大豊神社、熊野若王子神社、と社寺はあるのですが、通常は自由拝観できない所があるのが難点です。もの思いにふけりながら歩くのには都合のよい距離かもしれませんが、観光には少し長すぎると感じます。
永観堂から南禅寺まで行くとさらに1kmほどかかります。全ての行程を歩くとなると十分なウォーキングコースになると感じます。静かな地域で自然を堪能できますので、自然派の人におすすめの場所だと思います。自転車で通っても十分走ることができる道です。またペットの散歩向きだと感じたのですが、一部ペットが通れない場所がありました(回避できます)。

法然院 ← 法然院
哲学の道  哲学の道・南 ← 哲学の道
永観堂内 ← 永観堂  
南禅寺・三門 ← 南禅寺三門 


<おすすめ情報>
当ブログ内で銀閣寺について書いています。
http://kyotowatoiyashi.blog56.fc2.com/blog-entry-120.html
銀閣寺(山から)



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

交通渋滞を避ける方法
京都市内で渋滞しやすい場所
渋滞を極力避ける方法

京都市内を車で移動するときは渋滞しやすい場所を避けて道を選択したいものです。目的地へどうしても避けようがない場所を除いて、少しでも別のルートをとると早く到着する確率が高いと感じています。バスの移動でも同じです。渋滞の少ないルートの系統を選択するほうが早く着くことができると思います。タクシー移動の場合は運転手とその日の状況を相談しながらルートを決めています。下の地図はその渋滞しやすい場所と向かう方向を示しています。曜日や時間帯の違いはありますが、あくまでも傾向として捕らえて頂ければ移動時の参考になると思います。観光のオンシーズン、オフシーズンの違いはあれど、混みやすい場所はそんなに変わらないと感じています

交通渋滞map



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

嵐山のまわり方
時間がかかる嵐山の名所めぐり 
(9月29日更新)

嵐山に行きたいという人に目的をお聞きすると結構漠然とした答えが多いと感じます。
トロッコ列車と保津川下りははっきりしますが、その他は行ってからなんとなく、、が多いように思います。
嵐電駅前の天龍寺や渡月橋は有名ですので、その辺りをうろうろという人をよく見かけます。あとは竹林の道周辺に人が集まります。

実は嵐山は散策で結構楽しめる地域なのです、行楽地です。
それには少なくても2,3時間の時間がかかります
例えば下の地図の赤丸ポイントを全て回ろうとするとどのくらいかかると思いますか?(落柿舎は来年まで改修中なので除外しました)実は4時間以上かかってしまいます。自転車で回っても半分にするのは難しいです。それでも効率よく広く回るためにはレンタルサイクルでの移動がオススメですね
嵐山マップ

清涼寺(嵯峨釈迦堂):
清涼寺
化野念仏寺:
化野の念仏寺
二尊院:
二尊院
常寂光寺:
常寂光寺
落柿舎:(2009年10月1日公開開始)
落柿舎
野宮神社:
野宮神社
竹林の道:
竹林の道
亀山公園:(プチ情報:展望台奥に良い眺めの場所があります)
亀山公園から
大堰川:
大堰川
中ノ島公園:
中ノ島公園
法輪寺:
法輪寺

私自身早周りしながら周って見ましたが、へとへとになっても2時間は無理でした。
嵐山はゆっくり楽しむものですね。自然を感じれれば心もリフレッシュできます。
最高の癒しになると思います。
また大覚寺と化野念仏寺とさがの人形の家は時間の余裕がないと訪問するのが難しいと感じました。

<おすすめ情報>
当ブログ内で嵐山のおすすめのお店情報を書いています。
京料理 華洛
和小物・お土産 いしかわ
古美術 梅花



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

交通渋滞は雨の日に多い
雨の日は移動手段に注意が必要です

京都市内は車線の多い大きな通りが数が少ないので、車両数が多くなるといたる所で渋滞しています。
特に雨の降る日は、住民やビジネスの人も車を利用しだします。
これが渋滞を招く原因になっているとわかっているのですが一向に改善しません。
特に中心部や名所周辺ではルートが限られていますので、渋滞に巻き込まれてしまうとそこから逃げ出すのも大変になります。

中心部の道路は、一方通行が多くいたるところで車が列を成していますし、一方通行の行き先が左折のみ可能、なんてことも珍しくありません。
観光地近くの道路は、メインルートの数本以外は行き止まりという脇道が多いと感じます。

私は色んな所で抜け道を試してみましたが成功した時は殆ど偶然です。

悲しいですが誰も有効な解決手段を持っていないのが現実です
このような状況ですから、自家用車やバスやタクシーの移動は時間が読めません。

名所見物にも大きな障害になります。
雨の日は出発前に 思い切って訪問先を削るのがコツ と思います。
雨が降っても名所が開いている時間は変わりませんので。




テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

食事の時間
意外と苦労する食事の選択

名所めぐりの連続で予定を立てると、困るのが食事だと思います。
名所周辺はどこも値段が割高設定になっています
私自身、人におすすめするのに丁度良い所のがないと感じます。
(こんなことを書くとお店の人に怒られるかな?)
一層のこと高級料亭の料理でも奮発して頂こう、とすればあるのですがねぇ。

急いでいる予定の中で短時間で食べても味わえませんよね。
割り切って、買い食いや店先で軽く済ませるほうが満足できるかもしれません
(私は名所のお食事処で食事したことはほとんどありません。いつも買い食いです。)

食事を楽しむ場合は十分に時間をとったほうが良いです
人気のあるお店を選択する場合は事前予約が必須です。観光シーズンは突然の訪問だと入れないことが多いです。あとランチタイムを狙うと割安ですね。ディナーに比べ品数は減りますが味は変わりません。
お店選択のコツは、人が薦めるお店でも、食材や調理方法が好きでなかったら駄目ですから、まずはこれを抑えれるほうが良いと思います。次にお店の雰囲気です。最近は町家のお店が人気です。

文章でまとめ辛いので感じ取って頂ければ助かります。




テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

名所の拝観時間
見落としがちな拝観時間

名所見物で注意しなければいけないのが拝観時間です。
折角行ったのに閉まってた、なんて無いようにしたいですよね。

例えば閉門時間では、
三十三間堂 PM4:00(11/16~3月) *受付は30分前まで
金閣寺    PM5:00
清水寺    PM6:00
と2時間違います。

逆に開門時間では、
清水寺    AM6:00
金閣寺    AM8:00 (間違いです、AM9:00でした。すみません。)
六波羅密寺 AM8:00
仁和寺    AM9:00
と3時間も違います。

つまり予定を上手に組まないと拝観時間が落とし穴になってしまいます
下は閉門時の六波羅密寺で。こうなると全く入れませんね。(私の失敗!)
六波羅密寺

社寺によっては、時間外でも一部拝観できたり、いつでも自由拝観可能なところがありますので、事前チェックは必要です。





テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

点在する名所
やっかいな点在する名所

京都へ旅行に来られる人から聞かれることに、
「おすすめの観光地はどこですか?」
という質問があります。

これは実に困った質問でして、
その人に粗相の無いようにご紹介したいのですが、頭の中では甲乙つけがたい名所がぐるぐると回っているのです。「どうお答えしたら良いのか、、、」と。

京都の地図に名所の場所を印してもらえればお分かり頂けると思いますが各方面に点在しています。
例えば、
嵐山、
金閣寺、
上賀茂神社、
貴船・鞍馬、
大原三千院、
銀閣寺、
清水寺、
京都御所、
壬生寺、
醍醐寺、
宇治平等院、
  ・
  ・
行くところを楽しむなら、一日に行けてせいぜい2,3ヶ所のまとまった地域です。
実際移動してみると予想以上に時間がかかります。

京都観光研究所の名所地図:
http://www.kyotokk.com/modules/supoort0/

私が思う選択のポイントは 「目的(テーマ)」 です。
・有名度
・建物、庭園
・歴史(幕末、戦国時代など)
・ご利益
・行事、体験
・旬(テレビで紹介されたなど)

<ちょっとしたコツ>
東西の移動を避けるように予定を組むと時間が有効に使えます。





テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

嵐山-中心部の移動
嵐山と京都御苑など中心部との移動は、以前ならバスや電車の乗り継ぎが大変で、よく知った者でないと早く移動するのに時間がかかっていました。

この移動でおすすめなのは 嵐電と地下鉄の乗り継ぎ です。
よく似た方法で、JR嵯峨嵐山から二条駅で地下鉄に乗り継ぐ方法がありますが、こちらだと渡月橋から遠いのでどうしても面倒に感じてしまいます。

嵐電の嵐山駅から天神川駅で降りて、近くの地下鉄の太秦天神川駅へ乗り換えればOKです。
地下鉄に乗れば、二条城や平安神宮や南禅寺、さらに京都御苑や植物園や宝ヶ池の近くに行くことができます。
交通渋滞にも合わないのでおすすめの移動手段です。




テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

嵐山-東山の移動
京都で人気のある観光スポットに、東山周辺(清水寺、八坂神社など)と嵐山があります。
この間の移動は色々と考えられるのですが案外不便です。
バスは時間がかかるのと込み合うと非常に疲れます。

私がおすすめなのは、
(東山から移動するとして)
阪急電車で四条河原町から大宮駅まで移動して、嵐電(らんでん)に乗り換えます
その後は乗換無しで、終着駅が嵐山です。
このように移動すると、
時間が読めることと、嵐電の沿線風景が楽しめます(桜の時期なら抜群)。
嵐山駅では構内で足湯が楽しめます。
嵐電・足湯
同じ移動するのなら楽しめるほうが良いと思います。

<当ブログ内嵐電のお得な切符の記事>
http://kyotowatoiyashi.blog56.fc2.com/blog-entry-179.html




テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

名所周辺の交通事情
他府県の人から京都市内の交通事情を良く聞かれます。

名所を散策する場合、目的地の位置はもちろんのこと距離感が掴みにくいことによると思います。
おまけに交通事情も分からないとなると、「どうしていいのか?」という気持ちがよく分かります。
結局「思案しても分からないのでとりあえず行ってみよう」となるのか、昔から車の数が減る様子は全くありません。むしろ増えているように感じます。

はっきり申し上げて、
名所周辺に車で近づくのは無謀です。 
特に、土曜・日曜・祝日は大渋滞に巻き込まれます。
近年は観光シーズン関係なく車が多くなったと感じます。

その影響で市バスはダイヤがあっても無いようなもので、時間も果てしなく浪費してしまいます。

そこで賢い手段は、鉄道とタクシーです。
費用はかかりますが名所をたくさん回りたいのなら、これしかないと思います。
鉄道は時間が正確ですし、鉄道の無い所はタクシーの運転手と相談して経路を決めれば効果的です

もっと具体的なコツは追々書いていきますので楽しみにしてください。
参考になればうれしく思います。
今回はここまで。



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 こころのふるさと・京都の魅力と歳時記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。